転倒 危険 バイク

バイクの安全面

バスや電車等多くの人の交通手段として生活に必要不可欠な乗り物があります。
身近な乗り物として車の他にバイクもありますが、バイクには危険な面が多く存在しているのです。
そんなバイクに乗る事で発生してくる危険な面について掲載していきます。
まずライダーが車体に守られていない点です。

 

車や他の乗り物は人が車内にいる為に接触事故が発生しても車体が傷つくだけで乗車している人が無傷な事も多くあります。
しかしバイクでは接触事故が発生してしまうと、転倒したり勢いで吹き飛ばされてしまう為大事故に繋がってしまう恐れがあります。
その為事故に遭ってしまった時のリスクは高くなってしまいます。

 

次に悪天候に弱い点です。

 

快晴であればバイクは自然を感じる事が出来るので楽しむ事が出来ますが、雨が降ってしまうと滑りやすくなってしまい転倒の可能性が発生してきます。
さらに強風が吹いてしまうとバランスを失いケガの発生に繋がってきます。

 

ライダーはヘルメット以外は衣服の状態となっているので、転倒してしまえばケガをする確率は車よりも大きくなってしまいます。

 

 

次に荷物を搭載出来ない点です。
旅行等を行うと荷物がより増えてきてしまいます。

 

長期になれば成るほどに持つの量が増えていきます。

 

車であれば例え軽自動であっても荷物を搭載する事が可能となってきますが、バイクではごく少量しか搭載する事が出来ないのです。
荷物が多過ぎてしまうとバランスを崩しやすくもなり事故に繋がる恐れも発生してきます。
次に2人以上乗車出来ない点です。

 

バイクはどんなに乗っても義務で2人までしか乗る事が出来ないので、家族や友人の人数がそれ以上になってしまうとバイクを楽しむ事が出来なくなってしまいます。
また後ろに乗っている方が恐怖を覚えてしまい、カーブ等で反対に体を傾けてしまえば転倒に繋がってしまう危険性もあります。
バイクは安全に乗る事で楽しめる乗り物となっていますが、危険な面も数多く存在しているのです